わかりやすいデジタル広告を作る

食品の広告を作ろう

広告を作る際は、味が消費者に伝わることを意識してください。
新商品は、どんな味なのかわかりません。
食べてみて、自分が好きな味ではなかったら後悔します。
ですから新商品の購入を避ける消費者も多いです。
安心して購入してもらえるように、おいしいことはもちろんですが、どんな味なのか具体的に説明するのが良い方法です。

甘いお菓子なら、きちんとその旨を書いてください。
ビターテイストなら、大人でも楽しめる味わいなどと書くのが良いですね。
意味は同じでも、書き方によっておいしそうに見えたり、興味を持ったりします。
たくさん味について書きたいかもしれませんが、広告にたくさんの文字を掲載するのはおすすめできません。
長文は、読みにくくなります。

ネットならではの宣伝方法

動画を、広告としてネットで宣伝するのが良い方法です。
それは、チラシではできない方法ですね。
食品だったら実際に食べているシーンを流したり、キッチン用具や掃除用品だったら使っている風景を流しましょう。
使用方法が付たりやすいので、便利な道具だということが消費者にすぐ伝わります。
ネットならではの利点を、フル活用した広告を作りましょう。
動画内で喋る際は、早口にならないよう注意してください。
緊張すると早口になってしまう人がいますが、それでは消費者に何も伝わりません。
また、少し大げさに説明するとわかりやすいです。
納得できるまで、動画を撮り直してください。
中途半端な広告を、ネットに流さないよう注意しましょう。


TOP